Agreement 会員規約・個人情報のお取り扱いについて

第1条(総則)
この会員規約(以下「本規約」といいます)は、一般財団法人ジャパンコーチズアソ シエーション(以下「当団体」といいます)と、当団体の会員(以下「会員」といい ます)との関係に適用されます。入会申込をいただいた時点で、本規約を承認したも のとみなします。
第2条(会員規約の適用)
当団体は、会員との間に本規約を定め、これにより当団体の運営を行います。また、当団体が随時発表する諸規定も、本規約の一部を構成するものとします。
第3条(会員規約の変更)
当団体は、円滑な運営のために必要と判断される場合、理事会の議決を経て、本規約 を変更することがあります。
第4条(会員の定義)
本規約における会員とは、当団体の目的及び趣旨等に賛同し、所定の審査を経て当団体に入会を認められた個人の会員をいいます。なお、退会の申し出がなければ、会員 の資格は無期限で継続されるものとします。
第5条(入会申込)
入会の申込をする方は、所定のフォームに必要事項を記入し、別紙の規定に基づく顔写真を当団体に提出するものとします。
第6条(入会の成立)
入会は、前条に定める入会申込に対して、事務局が所定の審査を経て、これを承認したときに成立します。
第7条(入会申込の拒絶)

当団体は、入会申込者が次の各号に該当する場合は、入会を認めないことがあります。

  • 申込書に偽名等の虚偽の事項を記載した場合
  • 入会申込者が本規約に反する明白なおそれのある場合
  • その他、当団体が入会を適当でないと判断した場合
第8条(ID・パスワードの発行)
会員には、会員IDとパスワードを発行します。会員IDとパスワードの管理ならびに使用は、会員の責任において行なうものとします。会員ID及びパスワードの譲渡、売買、貸与、漏洩等の不正行為は一切禁止します。当団体は、会員ID及びパスワードの 使用上の過失及び第三者の利用に伴う損害について、一切の責任を負わないものとします。
第9条(登録情報)
会員の登録情報は当団体が所有するものとします。入会の際に会員が申告する登録情報のすべての項目に関して、いかなる虚偽の申告も認めないものとします。住所、電話番号、その他当団体への登録情報に変更が生じた場合、当該会員は速やかに所定の変更手続きを行なうものとします。変更の届出を怠った場合、会員の特典などを受けられないことに異議ないものとし、これによって会員が被った不利益または損害等について当団体は一切の責任を負わないものとします。氏名、生年月日など基本的に変更の必要性がない項目に関しては、婚姻による姓の変更など当団体が承認した場合を除き、原則として変更を受付けないものとします。会員の登録情報のうち一部は、本人の承諾なく開示される場合があります。ただし、会員個人を特定することができる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス)の開示については、必ず事前に本人の承諾を要するものとします。
第10条(会員の特典)
会員は、当団体の活動、事業に参加し、別紙に定める当団体の提供する特典を受けることができます。
第11条(会員の義務)
会員は、当団体の目的及び趣旨に賛同して入会したことを踏まえ、相互交流と自己研鑽によりたえずその社会的価値向上を図り、公共の福利向上への貢献を目指す当団体の活動に、積極的に参加すべきものとします。
第12条(会員の資格継承の喪失)
会員が退会あるいは死亡した場合には、当該会員の会員資格は失われます。第三者への資格継承はできません。
第13条(会員資格の停止・除名)

当団体は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、当該会員に対し事前に通知及び勧告することなく、当該会員の資格を停止または除名することがあります。この場合には、当団体は、当該会員に対し、支払済みの会費等を返還しないこととします。

  • 内外の諸法令または公序良俗に反する行為を行った場合
  • 当団体、他の会員または第三者の商標権、著作権、財産、プライバシーを侵害した場合
  • 当団体、他の会員または第三者を誹謗中傷する情報を流した場合
  • 入会申込書に虚偽の事項を記載したことが判明した場合
  • 当団体の名誉と信用を失墜させる行為があった場合
  • 当団体を通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他、私的利用の範囲を超えて無断に使用した場合
  • 当団体の運営を妨げ、或は当団体の信頼を毀損する行為、またはその恐れのある行為があった場合
  • この会員規約に違反したとき
  • その他、当団体が会員として不適当と判断した場合
第14条(退会手続き)
会員は本人の意思により自由に退会できるものとし、退会手続きは随時受け付けます。退会する場合、所定の手続きに従い当団体に届け出るものとし、当団体での所定の処理終了後、退会となります。ただし、別紙に定める会費等、すでに支払済みの費用がある場合、この返還を受けることはできません。
第15条(会員への通知)

当団体は、次の各号による会員へ伝達する事由が生じたとき、当団体のウェブサイトなどの電子媒体への掲示又は、電子メールを送付することにより、会員に通知するものとします。

  • 規約の改正
  • 会員の特典、役割の変更
  • 新たな特典の提供
  • その他の必要事項

当団体は、ウェブサイトなどの電子媒体への掲示又は電子メールを送付することにより、会員の特典及び役割を、変更、または廃止することができるものとします。当団体が、緊急に特典及び役割の変更が必要と判断した場合には、会員に通知するまえに、理事会の専決で必要な変更を行うことができるものとします。

第16条(電子メールの受・発信)
会員として当団体と電子メールの受・発信を行なう場合、登録情報と同一のメールアドレスを使用するものとします。登録と異なるメールアドレスにて受・発信を行なった場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、当団体はその責を負わないものとします。当団体からの電子メールに返信を行なう場合、指定の方法により返信するものとします。指定と異なる方法にて返信を行なった場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、当団体はその責を負わないものとします。会員として発信する電子メールの本文中の記載内容に関しては、会員本人の責任に基づくものとします。
第17条(商号及び商標等の利用)
当団体が定めた商号及び商標等の利用を会員が希望する場合は、当団体の承認を経て利用できるものとします。商号及び商標等の利用方法によっては、一定の利用料を徴収する場合があるものとします。
第18条(損害賠償)
会員が、本規約及び本規約に基づく諸規定に反し、またはそれに類する行為によって当団体が損害を受けた場合、当該会員は、当団体が受けた損害を当団体に賠償することとします。これは、会員資格を失った場合も適用されるものとします。
第19条(免責事項)
当団体は、会員相互間、もしくは会員と第三者との間に生じたいかなるトラブルに対しても、その責を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
第20条(個人情報の保護)

当団体は、会員の皆様からいただく個人情報を適切に取り扱うため、以下の通り個人情報保護方針を定め、個人情報の保護に努めます。

  1. 利用目的を特定した上で個人情報を収集し、利用目的の範囲内で利用します。
  2. 収集した個人情報を保護するために必要な安全管理措置を実施します。
  3. ご本人から個人情報に関する開示、訂正、利用停止の請求があった場合、合理的な範囲において速やかに対応いたします。
  4. 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守するとともに、当団体の個人情報保護に関する規定類整備、安全管理措置などについて今後も継続的に実施します。
  5. 収集した個人情報は、当団体が十分に個人情報の保護水準を満たしているとの判断した第三者に管理を委託することがあります。当該第三者の業務は個人情報の保全・管理のみであり、本規約に記載した個人情報取集の目的を超えて、会員の個人情報を利用することはありません。