【JCA指導者インタビュー①】「普通の公立」検見川高校の野球部が激戦区・千葉を勝ち抜いた理由(前編)

【JCA指導者インタビュー①】千葉県立検見川高等学校野球部・酒井光雄監督

昨年、全国屈指の激戦区・千葉県大会を春夏ベスト4まで勝ち進んだ公立高校が、千葉県立検見川高校だ。スポーツ推薦入学などのない公立高校が多彩な戦術を駆使し、ベンチ入り選手全員を起用して戦い、創部初の快挙を成し遂げたのは、2016年秋に就任した酒井光雄監督の力によるところが大きい。今回は酒井監督に、躍進の理由をうかがった。

酒井光雄 さかい・みつお 

昭和58年8月11日生まれ。千葉東シニア~市立船橋高校~日本体育大学・卒業後、市立船橋高校での指導から富里特別支援学校を経て2016年、千葉県立検見川高等学校の監督に就任。2017年春、夏の県大会でチームをベスト4に導く。

■強いチームと練習試合を重ね、相手に揺さぶりをかける。

ー検見川高野球部は、昨年春と夏の県大会でベスト4に入る快挙を見せました。有名私立大学への多数の進学実績を誇る公立高校である検見川高校の野球部は、いかにして激戦区千葉を勝ち抜いていったのでしょうか。監督就任1年目でベスト16そしてベスト8という壁を破ることができた一番の理由を教えて下さい。

酒井(以下S):主に二つあると思っています。一つ目が、日ごろから強豪校と練習試合をたくさんさせていただくこと。そして二つ目が、相手に揺さぶりをかけ、自分たちのリズムで試合をすることです。

 うちのチームは82名の部員がいますが、あくまで普通の公立高校ですから、グラウンドは他の部と併用です。実戦練習をできる時間が限られているので、試合は貴重な練習の場となります。1年生も含めてなるべく全員を試合に出すために、相手チームにお願いして1日3試合であろうとこなします。多ければ昼休みに5回まででお願いして、3・5試合する日もあります。そんな中で強豪校に勝ってベスト16、ベスト8と壁を超えるには、答えはシンプル。なるべく自分達よりも強い相手と試合をして、勉強させていただくことです。

 もちろん、闇雲に試合をするだけで結果を残すことはできません。大きくて技術も優れた選手がそろう私学の強豪チームには、正攻法ではなかなか勝てません。ですから、相手がなかなか対応できないようなプレーを毎日の練習の中でいくつも準備し、かき回します。昨年ベスト4まで勝ち抜くことができたのは、それが上手くいったからなのは間違いないです。

 攻撃であれば、ランナーが挟まれた時に相手の暴投を誘う走塁を練習しますし、一塁ランナーのリードやスタートの切り方、戻り方も多くのバリエーションを持っています。守備の時もノーアウトやワンアウト二塁、三塁のピンチの場面でダブルプレーを取りに行ったり。そういうプレーがハマると相手チームは混乱しますし、こちらにとっては強いチーム相手にも通用したという自信につながります。一つ一つのプレーは決して難易度の高いものではありませんし、選手の質も問いません」

■大事なのは、流れを悪くしないこと。

ーつまり毎日の練習の中で、状況に応じた反復練習をたくさん行う必要がありますね。

S:そうですね。これらのプレーは多くの場合、ランナーが関わってきます。野球は走者がいない場合、攻撃も守備も簡単。野手は守り、ピッチャーは遠くに飛ばさせないように投げればいい。打者はフライを上げないようするだけです。でも、例えばノーアウトやワンアウトでランナー一塁三塁とか二塁三塁とか、走者が二人いるようなケース。この時、例えば私立の強豪校は犠牲フライを、甲子園出場レベルの学校ならばホームランや長打を狙うでしょう。

 もちろんそれもいいですが、ウチはあえてそこで犠牲フライを打たせない。例えばノーアウトランナー二塁三塁で、レフト前ヒットで1点が入った、でもその後の攻撃がオシャカになった場合、そこから確実にマイナスの流れが訪れるからです。大事なのは、流れを悪くしないことです。

 例えばノ-アウトランナー二塁三塁で、打者がピッチャーゴロを打った時にどうするか。ノーアウトですから、普通のチームの場合、三塁ランナーはステイします。でもウチは、時にはスタートさせてしまいます。相手チームのピッチャーがゴロを捕球し、キャッチャーに送球すると、挟殺が起こります。この時、走塁の仕方次第で、挟殺プレーの練習が不足しているチームはミスを起こす可能性があるからです。そういった好機を、できるだけ逃さないためです」

■どんな取り方でも、1点は1点。

ー逆にノーアウトランナー二塁三塁で自チームが守備の場合、何か策はありますか。

S:一般的にノーアウトまたはワンアウト二塁三塁は、ダブルプレーを取りにくいシチュエーションです。でもウチの場合、この状況でも取りに行きます。例えばワンアウト二塁三塁で守備だとします。相手チームが内野ゴロを打った時、もし勝負できそうならば、三塁ランナーはスライディングで1点を取りにきます。

 そこでウチは、スライディングする余裕を与えないよう、前進守備で守ります。必ずバックホームで殺せる位置に、内野手を守らせる。例えボテボテのゴロでも1点を入れさせない前進守備をすれば、ランナーをスライディングさせないことで、三塁ランナーを挟む挟殺プレイが起こります。

 この時、キャッチャーとサードで三塁ランナーを挟みます。キャッチャーとサードがボールをやり取りすると、その間にバッターランナーは二塁への進塁を狙います。そこでキャッチャーは、三塁ランナーを三塁ベース方向に追い込んでおき、バッターランナーが二塁に進む場面でセカンドに送球。これでバッターランナーアウト。そしてホームに走る三塁ランナーに対し、ホームに転送してもう一度挟殺を作ってアウトにして、ダブルプレーの完成です。こういうプレーでアウトを取れると、相手チームは心理的に落ち着かなくなってくるものです。彼らの心理を探りながら相手を乱していき、次はその後の攻撃でどうやって1点を取るかを考えていくのです。

 決してそういう野球が理想とは思いません。でも結局、ウチは私立の強豪校ではありませんからホームランは期待できません。だから、ランナーが出たらバントを転がしたりというように、つないでいきます。ウチの場合、例えばランナー一塁三塁のプレーは6種類ほどあります。ランナーのリードの仕方、スタートの仕方、スライディングの位置など、細かい決まりがありますし、牽制球の戻り方だけでも3種類ある。そういうチームなので、少なからずウチを研究をしているチームであれば、ランナー一塁三塁では牽制を再三入れてきます。

 この時キャッチャーは、一塁ランナーが盗塁する、もしくはエンドランを狙ってくるのではないか、と思います。そのため、変化球ではあまり勝負しません。ショートバウンドすることもあるし、盗塁された時に投げ遅れますから。それを踏まえて揺さぶりをかけますし、もし実際に変化球を投げてきたら、スチールして二塁三塁にします。そういった感じで、もしランナー一塁三塁で変化球が来たらどうするか、というサインもすべて用意してあります。

 また、ランナー一塁三塁での一塁ランナーの盗塁もいくつかパターンがあります。例えば、たびたび使うのがディレイドスチール。ピッチャーが投げたボールをキャッチャーが捕球し、ランナーを見て、走っていないことを確認。ピッチャーに返球する瞬間に一塁ランナーが走る、という形です。キャッチャーの動きに合わせた盗塁であり、最初から『このケースは盗塁』というように決めたサインは一つもありません。

 また、一塁三塁で、一塁ランナーがピッチャーから牽制球をもらうようなリードを取る。そして牽制球が入った瞬間に、二塁に向かって走る。小学生でよくあるプレーですが、ファーストの選手は三塁ランナーが何もアクションを起こしていなければ、間違いなく二塁に投げます。ファーストの選手がルックして『あ、何もしてないな』と二塁に送球するわけですが、その瞬間に三塁ランナーがスタートして1点を取るわけです。そして一塁ランナーもただガムシャラに走るわけではありません。ファーストの選手がどのように送球するのかを考えながら走ることで、相手がミスをする可能性が生まれます。

 得点の取り方はさまざま。ソロホームランでも犠牲フライでも1点ですし、今お話したプレーも同じ1点。ある意味、すごく嫌な1点です。ヒットを打たれていないのに点を取られるのは、どのチームもきっと一番嫌ですよね。ですからウチは、攻撃では相手に1点の重みというプレッシャーを与え、守備ではしっかりと3人で切ることを心がけます。それができると、ゲームの流れが決まる。

 そしてこういう野球を日々積み重ねていると、 試合の中で1点を取れる云々だけじゃなく、日々の練習から頭を使うので、勝手に野球が上手くなるのです。よく周りの先生方に『検見川の選手はよく頭がパンクしないね』と言われるのですが、パンクしますよ(笑)。でも僕らの場合、入学したばかりの1年生の4月からこういう考えを植えつけていくので、時間が経てばできるようになる。その結果、野球が上手くなる。だから、実戦で戦術が分からずにうろたえているような選手はいません。複雑なサインをいくつ出しても、彼らは普通にこなしますよ」

(後編に続く)
IMG_27642.jpg