組織概要・役員構成

組織概要

名称
一般財団法人ジャパンコーチズアソシエーション
設立
2016年2月24日設立
本拠地
東京都江東区有明1-3-33
会員数
出資金
300万円
主な収入
  1. 1.会費
  2. 2.企業協賛金
  3. 3.セミナーおよび出版による事業収入

役員構成

評議員
小山 嚴也
(関東学院大学副学長/川崎市開発審査委員/経営学史学会幹事)
高橋 雄一
(テレビ東京代表取締役会長/テレビ東京ホールディングス取締役会長)
牧原 秀樹
(自由民主党副幹事長/衆議院議員/弁護士・ニューヨーク州弁護士)
間野 義之
(早稲田大学スポーツ科学学術院教授/一般社団法人日本アスリート会議副理事長)
水戸 重之
(TMI総合法律事務所弁護士/Jリーグ湘南ベルマーレ取締役/株式会社タカラトミー社外取締役)
安田 秀一
(株式会社ドーム 取締役会長 兼 代表取締役 CEO)
代表理事
五明 公男
(元法政大学野球部監督/法政大学名誉教授)

五明 公男

ストレス文明社会と言われる現代において、スポーツ活動の大切さ、スポーツ実践の楽しさを啓蒙して行く責任者は各地域のスポーツ指導者である。さらに若者アスリート達を人間性豊かな、そして強靭な精神力を持ち、強い力ある選手に養成するのも各競技者の指導者の責任である。理事として「正しいスポーツ指導者のあり方」を提言して行きたい。

理事
並木 裕太
(株式会社フィールドマネージメント代表取締役/Jリーグ理事)

並木 裕太

日本のスポーツ界の発展のためには、日本が欧米のスポーツ文化に追いつき、追い越していくことが必要だと強く感じます。JCAではそのために、議論を重ねながら、スポーツ指導者から変わって行く、そしてその指導者をとりまく環境を変えていく。これらをテーマに、活動していきたいと思っています。

柳下 容子
(元NFL NBA チアリーダー プロフェッショナルチアダンスチーム・東京ガールズ 代表)

柳下 容子

素晴らしい理事の皆さんがいらっしゃる中、大変恐縮ではありますが、自分の役割は調和と女性目線での新提案と発信。15年前に現役を引退して監督と言う仕事を通して、このJCAから本来のスポーツのありかたや魅力を見つけ、皆さんへ届けることが出来たらと思っております。微力ではありますが、スポーツを愛するものとして全力で取り組みたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

友岡 和彦
(ドームアスリートハウスジェネラルマネジャー・パフォーマンスディレクター)

友岡 和彦

JCAの活動を通して、トレーニングを処方する立場から、コーチの皆さまに効率的、かつ効果的なトレーニング方法の情報を提供することによって、様々な角度から選手たちをサポートできる体制構築のお手伝いができればと考えています。また、年齢、性別、競技レベルに関係なく、できるだけ多くのチームにフィジカルトレーニングを習慣的に行っていただき、選手たちが障害を最小限に抑え、最高の状態で練習や試合に臨めるように貢献できればと思います。

中村 昌弘
(株式会社ドーム 常務取締役 兼 執行役員 COO)

中村 昌弘

メーカーの立場から、ジャパンコーチズアソシエーションの活動を通じてスポーツ産業化の重要なパートを担われるスポーツ指導者の皆様の抱える課題を解決し、地位向上を図ることに努力していきます。優れたスポーツ指導者の価値を正しくお金の評価に変えていけるよう、精一杯頑張ります。

岩出 雅之
(帝京大学ラグビー部 監督)

岩出 雅之

COMING SOON

古城 隆利
(日本体育大学硬式野球部 監督)

古城 隆利

指導者が変わり、社会が変わる。競技者、指導者をとりまく環境が大きく変化する中指導者も学び続け成長していかなければならない。様々な課題や問題が起こるコーチングの現場で、一人の判断ではなく沢山の成功や失敗を経験したコーチたちの情報を共有し夢をもって練習をするアスリート達の手助けをJCAの活動を通して行っていきたい。

大倉 智
(株式会社いわきスポーツクラブ 代表取締役 兼 総監督)

大倉 智

勝った負けたで指導者を評価する世界観から脱却し、多種多様なスポーツ指導者にスポットライトをあて、スポーツ現場の環境をより良いものにしたい。そんな想いをもって、JCAの活動に参加したいと思います。

監事
吉田 樹雄
(株式会社ドーム ファイナンス&アカウンティング部 部長)